FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
性教育
■ 嘘も方便 ■

俺は変態です。間違うことなき変態です。自他ともに認める変態でなぜ彼女は俺と付き合っているのかも不思議でなりません。いいのですか?あなたそれで・・・。しかも親に会わせようとするのです。俺はもう願ったりかなったりですがホントにこんな変態でいいのかなぁ?と思う今日この頃なワケです。

いやね、親御様に会いに行くのにレンタカーや電車じゃ格好つかないじゃないですか。マイカーをビシッと運転してですね、ベルサーチだかビデオリサーチだかのスーツでビシッと決めて行きたいじゃないですか。だからもうちょっと待ってください。

いやそんなことはどうでもいいのです。いや、ごめんなさい。どうでもよくないです。怒らないで下さい。要は俺が変態であるという事実です。すれ違う65%以上のポテンシャルを持つ女の人は必ず頭の中で犯してます。あれやこれやと。そんな俺が純真無垢な人間に出会うとどうなるか。こうなります。



こんな俺でも大学は卒業いたしました。学士様ですよ。ホント。こんなダメな人間が学士とは笑わせる、日本も甘くなったものだ。イヤイヤイヤ、そうではなく。そんな大学のサークルの後輩に一人の男の子が居ました。まだまだ純真でその年齢にしては稀有な例ですが性知識が全くありませんでした。そう、俺達にはまぶしすぎたのです。白いキャンバスは。まぶしいならどうするか。真っ黒に塗りつぶしてしまえばいい。

ってかまぁそんな邪な考えではなかったのですが彼があまりにも勉強家で勤勉で俺達が教える性知識を乾いたスポンジの様に吸収していく様がたまらなく嬉しかったのです。教える喜び。俺達はどんどん彼にありったけの知識をぶち込みました。

言うならば俺のバンドのヴォーカルも変態です。油断すると俺でさえ負けるのではないかという変態です。そんな俺とヴォーカルのツートップで教育を続けたのが間違いでした。スクーターにF1エンジンを積み込むようなもの。彼は次第に暴走をはじめました。

あまりにも膨大な情報が怒涛のように押し寄せる生活の中、彼は授業中に「でんぐり返し」と「マンぐり返し」を間違えて大きな声で発表したそうです。これは反省しました。いきなりスクーターにF1エンジンはダメなんだと。順を追っていくしかない。

そんな折、俺様聖誕祭のイベントがありました。なにを隠そう俺様の聖誕祭です。以前、俺様聖誕祭がわびしいものであっていいはずが無いと自分で自分バンドのライブを誕生日当日に設定し、100人以上の人間に祝ってもらうという自作自演の暴挙に出た事があり、そんなに沢山の人を俺のワガママで都内に集め挙句様々なプレゼントをもらってしまったことがあり大変嬉しかったのですが逆に恐縮でおおっぴらに聖誕祭はやるものじゃないなと思ってる俺です。

なので今回はしっぽりとっていうか前書いたよね。行きつけの飲み屋で気の合う仲間だけで行いました。そこでなんですがあるこ憎たらしい会話の中で「モチベーション」という単語が出ました。

モチベーション 【motivation】
(1)⇒動機付け
(2)動機や意欲を与えること。刺激。熱意。
〔商品購入の動機や,仕事や試合のやる気などをさしていう場合が多い〕


要するにやる気の問題なのですがその場に例の彼が居ました。俺達がありったけの性知識を詰め込み、もはや向かうところ敵なしの無敵下ネタ超人となった彼が。ちなみに彼は歌舞伎町のあっち方面で一人で歩いたら一晩で50万は稼ぐな、という容姿をしており、その口から発せられる下ネタは精子臭い俺達が発するソレとは違った破壊力を持ち合わせています。

「モチベーションって何?」

ああ、懐かしい。いまや下ネタ世界の単語で知らないものは無いくらい頑強な知識武装をしている彼はまだ一般的な単語を網羅するほどでは無かったのです。久々に教える感動Reloded。俺とヴォーカルは口をそろえて言いました。

変態's「持ってするマスターベーション」

だから言ったじゃないか、俺は変態だって!! 普通にウィットにとんだ会話なんてできネェの!! 否!! したくないの!! 普通の単語を教えるだけではつまらない、彼をありえないくらいの兵器に改造しようという意気込みやヨシ!!

よってここに新しい「モチベーション」の定義が誕生しました。

モチベーション 【motivation】
(1)⇒手淫
(2)手淫時に手で持つ事。
〔コレが低下すると手淫しようにも持つ気力がなくなってしまう。〕
用例:「モチベーション低いから持てなーい。誰か代わりに持って~。


「なるほど~、その人終わってるね~~」

突き進め少年。俺達の願いを乗せて。
突っ走れ、少年。俺達のまだ見ぬ限界点の先へ・・・。
【2005/04/18 18:31】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<刀 VS 弓 | ホーム | 恥辱の昼休み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/172-dde6af16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。