FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
韓国で起きている事態
■ みんながダメだって言うからダメ!! ■

最近、中国が日本への敵対心をあらわにしていることはもうニュースでイヤというほど取り上げられている。何がそんなに気に食わないのか日本はアジアの中でどうしても嫌われる傾向にあるみたいだね。韓国も日本を目の敵にしているし朝鮮だってそうだ。どうしてこう日本は隣国に恵まれないのか。過去、アジアの暴れん坊だった日本を隣国に持つ相手側もそう思っているに違いないけどね(゚∀゚)

徐々に風化しつつあるが尖閣諸島の領土問題は深刻だね。日本が国際法で認可を受けたというのにいまだ中国だの韓国だのは主権を主張している。中国ではデモだよ。いやはや大変な問題に発展しているよう。そしてそんな韓国内部で親日派発言を行った芸能人をきっかけに内部分裂が起きていることをご存知でしょうか。

chous.jpg趙英男氏


韓国のベテラン歌手で「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」という書籍を今年上旬に出版し日本の産経新聞にインタビューを受けた。その時の発言を産経新聞に歪曲された形で掲載され韓国で売国奴の汚名を着せられ厳しい批判の渦にいる。産経新聞が歪曲したとされる表現は以下の通り。

「冷静に対応するなら日本のほうが一枚上手」
尖閣諸島問題に対して日本が冷静な対応をしていることを誉めている一文に見える。しかし本人が主張するには日本が冷静に対応しているのは外交的戦術であってそれに乗って冷静さを欠いた対応をしてしまうのはまんまと術中にはまることになる、と警告を発したかったのだそうだ。文頭の発言が削除されて意味が変わってしまっている。確かに今日本が中国、韓国に取っている「大人の対応」は問題を国際化させ法的にどちらが有利かを世界に判断してもらうための作戦だ。騒ぎ立てれば国際的評価は下がり、国際法に既に裏づけをもらってる日本の有利に事は進む。日本の挑発にまんまと引っかかっているのである。

趙氏がわかりやすい例えをしてくれている。

自分が妻と散歩中に見知らぬ男が「その女は俺の妻だ」と主張してきた場合、対応する手段としては二通りになる。「なんだこの野郎」と殴りかかるか、「ワケわからねぇ」と無視するか。この場合怒りに任せて殴りかかれば立場は危うくなる。自分が正当だとわかっているなら言いがかりは無視するべきなのだ。

「靖国神社を参拝した。」
趙氏は以前、靖国神社を訪れたことがあるらしい。参拝ではなく見学だ。その事実を「参拝」として報道されたのだ。趙氏は中国や韓国が騒いでいる靖国神社というものがどんなものかを確認しに言ったもので決してそこに祭られている人を参拝したのではない、と。

コレに対し産経新聞も26日付けで誤報であったことを掲載しているがもう韓国での騒ぎは収まらない。趙氏がレギュラーで司会をしている番組を放送しているテレビ局には苦情が殺到し、趙氏は十年も司会をやっていた番組を降板した。インターネットにも売国奴、裏切り者などの誹謗中傷が相次ぎまさにタイトルどおり「殴り殺され」かねない事態に発展している。

そんな中で韓国民全てが批判しているわけではない。中には彼の著書をよく読めば解る趙氏の韓国への愛国心を評価する声もある。そして自国の現状を分析している声もある。

「韓国という国は自分と違う意見をすべて排除する国だ。日本国内で韓国を擁護した学者は今も平和に暮らしているというのに。」

このように、韓国内の雰囲気は昔から画一的な意見を言うことを強要している風潮だ。すこし過激な切り口で批判し様ものなら大半の国民から牙をむかれてしまう。勿論すべての韓国人がそうだとは言わないが趙氏が「無知で歴史認識の浅い馬鹿な芸能人」と現在仕事を取り上げられているは実情。彼の芸能生活が以前の国営放送で司会を行っていた頃の平和なものになるのにはどれほどの時間がかかるのだろうか?

(゚∀゚)熱くなりすぎ。キムチの食い過ぎだって。
【2005/05/03 13:19】 | ニュース拾い食い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なぜなに相談室 | ホーム | 金総書記はもう古い?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/191-01800356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。