FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
映画レビュー「世にも不幸せな物語」
■ 字幕まで楽しめた ■

yonimos.jpgもうね、なんかね、ジムキャリー万歳な映画でございました。なんであの人は本人しかできないような演技が可能なのかね。ホント、ジムキャリーのすごさに驚かされた映画でした。

とにかくマスクの時のようなジムキャリーの本人が楽しそうに演技してる姿がとにかく印象的。顔をゆがませ腰をくねらせ全身で表現してる姿を堪能してください。

でもね、本当に特筆すべきなのは違うんですよ。ジムキャリーはそりゃすばらしかった。カレの演技が無ければ実際のところこの映画はかなり評価の低いものになってしまったのでは? 雰囲気は最高でジムキャリーじゃなくてもオレは好きだけど(別の理由で)映画をあまり頻繁に見る訳ではないヒト(アルマゲドンをいい映画と言っちゃうヒト)みたいなミーハーな方が見ればつまらないと評価を下しちゃうに違いない。

(゚∀゚)女の子かわいいのに!!

やばい。いや、ヤクイ。主演の女の子かわいすぎ。すさまじい。驚天動地。八方美人。あれ? もうね、なんかね、上映中ずっと見とれてました。なんなんでしょう、あのかわいさは。あの娘を見るだけでも価値あるかもってくらい俺は好きだね。外人の女でここまでオレが褒めるのはまずないよ? だってあれだもん、神国日本大好きだもん。ごめん、言いすぎ。



長女:ヴァイオレット・ボードレール

yonimo2s.jpg

この娘なんだけど姉弟の長女で降りかかる不幸から弟達を守る姿が凛々しいったらないよ。この娘が頭にリボンを巻くと発明に夢中の時でそのしぐさが出ると「今度はどんな発明?」と楽しみになってしまう。

演じるのはエミリー・ブラウニングという15歳の女の子。調べてみるとなんと「ゴーストシップ」の幽霊の女の子役だったらしい。オレッチ見てないけどそんな感じ。これからが楽しみな女優さんです。


長男:クラウス・ボードレール

yonimo3s.jpg

姉弟の長男で本の虫。両親の図書館で本を読み漁っていて一度読んだ書物は全て暗記している。何か困ったときは彼が過去に読んだ本の知識を姉に伝えて発明のヒントを作る。

長女を詳しく紹介しちゃったので仕方なく紹介するとこの子もかなりかっこいい。睨みつける顔は男でも惚れ惚れ。ああ、こんな顔に生まれていればさぞ楽しかったことだろう。美容室行っても優雅に対応できるだろうし街を歩いていて女の子にぶつかっても「チッ」とか舌打ちもされないんだろうなぁ(⊃Д`゚)゚。

ああ、役者はリアム・エイケン「ロードトゥパーディション」の息子だってさ。はいはい。・・・しかもその後の出演作。

(;´Д`)「惑星『犬』


次女:サニー・ボードレール

yonimo4s.jpg

何でも噛み付く強靭な歯の持ち主で姉弟の必殺の武器。サル語を話し姉弟だけが理解できる。相当の辛口で「ビッチ」とか普通に言う。缶きりの代わりにもなる便利な妹

ガラ&シェルビーホフマンという名前らしいのだがなぜ名前に"&”が・・・? 本当に赤ちゃんっぽい赤ちゃんでしぐさはとてもかわいい。でもお姉ちゃんは缶きりの代わりに使うしお兄ちゃんは投げた棒を口でキャッチさせるし・・・(⊃Д`゚)゚。


オラフ伯爵

yonimo5s.jpg

でました悪の親玉オラフ伯爵。姉弟の遺産を目当てにさまざまな手を使って迫ります。ゴーイングマイウェイで他人の意見はまったく聞かない偏見の塊で最悪の悪魔。ジムキャリー散々な役ですがオラフ伯爵の七変化は彼でしかできない芸当だと思う。


な感じ。他はなんかジュード・ロウとかメリル・ストリープとかでてるけど特筆する必要はなし。エミリー・ブラウニングだけ見てればよろしい。というか他のキャストも脇役としては最高の演技かな。

(゚∀゚)全然印象が残らない

全体を通して雰囲気が暗いのだけどリズム感がよく見ていてチャッチャと進む。ただその雰囲気を十分に楽しむことができればすごくこの映画は楽しいと思う。ハリポタよりも絶対世界観いいって。

秀逸なのはエンドロールも紙芝居の様な凝ったつくりで見ていて飽きない。あれなら最後まで楽しみながら見ることができる。エンドロールの最後の最後まで楽しんで見れたのは「裸の銃を持つ男」以来かなぁ? コンスタンティンみたいなエンドロールの後にオマケがある映画は好きだけどエンドロールが普通じゃほとんど帰っちゃうのでは?

原作は児童書でハリポタを一位から引き摺り下ろした作品らしい。原作者が面白いことを言っている。

「私はやめてくれと頼んだ。優れた監督を使わないでくれ。演技のうまい役者を出演させないでくれ。シリーズのどれも原作にしないでくれ。でも3つとも実現されてしまった。最後の望みは、大勢のボランティアがこの文章を読んで、映画のチケットを買い占め、映画を見に行かせないことだ」

このセンスが生んだのだ映画で、原作有りきの映画にしては珍しく原作を読みたいと思った。原作を知らないでも楽しめて、なおかつ原作読みたくなるよ(゚∀゚)



評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9点
劇場:☆☆☆☆☆☆☆☆☆:レンタル
【2005/05/06 23:30】 | レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<歯竹つよしになりたくて | ホーム | 井の中の蛙大海を知る>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/194-71afe71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。