FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
魚に殺される。
■ 釣った魚が喉に飛び込んで少年死亡 ■

マレーシアにて、魚を釣り上げて喜んでいた少年の手から魚が滑り、喉に飛び込まれて死亡したとのこと。死亡したサミウン・アーマド君(8歳)の父親、ジョハリ氏によれば、その日アーマド君は隣家の池で魚を捕まえて喜んでいたところ、手にしていた魚が暴れはじめ、アーマド君の手から滑って飛び上がり、喉に飛び込んだという。

事件が起きた午後12:30頃、庭先で苦しそうにしているアーマド君を隣家の住人アスリンダさんが発見。彼女はすぐに子供達を呼び、三人がかりでアーマド君の喉から魚を抜き出そうとするも、魚は余りにも強く喉にはまり込んでいたため抜き取る事が出来なかったという。そして彼女はアーマド君を車に乗せ、10km先の病院へと向かったが、時既に遅く、アーマド君は到着前に死亡したのである。

「きっと捕まえ得た魚を友達に兄や友人に見せたかったんでしょう。彼はとても興奮していました。こんなことが起こるなんて想像もつきませんでした。」ジョハリ氏はそう語っている。

またアーマド君を殺した魚は体長凡そ7cm、幅4cm程のキノボリウオと呼ばれる小魚で、非常に鋭利なヒレを持っているため、しばし魚網などをもつれさせる原因にもなるという。



というワケです。魚を釣った喜びの最中に魚が手をすり抜け口の中に飛び込んで窒息死だそうですがこの記事を見て一番に思うのはやっぱアレですよね。

泳げたいやき君

いや、不謹慎ですよ? そんなことはわかってますよ? でもそうじゃね? 毎日毎日鉄板の上で焼かれた挙句、自由の天地から現実に引き戻されて挙句食われてしまう。そりゃたいやき君だって仕返しくらいしたいわな。

でもなんかこう、弱肉強食の世界で弱者が最後の足掻きで強者と相打ちになる生命力を感じるじゃないですか。黙って食われて死んでたまるか!! みたいな。たいやき君にも見習って欲しいです。実はたいやき君は海の中で環境ホルモンを大量に染み込ませていてたいやき君を食った直後から漁師は具合が悪くなり、そして失意の内に死んでしまう。その枕もとでほくそえむたいやき君。そしたらなんかあの不条理ストーリーにもオチが突くのではないかなどと思います。

まぁどうフォローしても不謹慎なのには変わらないですが取り合えず自分も釣りに行く人間なので魚を見事釣り上げてもはしゃぎすぎるなってコトを留意したいと思います。

>> ニュースソースX51.ORG



関係ないのですが以前取り上げた顔の無い少女のコメントに書き込んだところ、なんか大変嬉しいレスを頂きました。なんかこう、大体こういうところのコメントって2ちゃんねる化が激しくて2チャンの常識を持ち出すバカが多いから書き込むのは敬遠してたんですがちゃんと自分の意見が読んでもらえて、且レスをいただけるとなんかちょっと嬉しいですね。
【2005/07/13 11:25】 | ニュース拾い食い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<人型パワードスーツ | ホーム | 不幸の手紙>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/280-2bcfede3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。