FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
死ぬほど飲んだ
■ 会社の打ち上げあったよ ■

えー、まぁワーワー言うとりますけど要するにプロジェクトの打ち上げがあったワケです。

結局、朝までコースになったので何があったか書いてると膨大な量になってしまうので例のごとく面白おかしい項目だけをピックアップしていくことにします。ちなみに「ピックアップ」って「選んで捨てる」って意味らしいですけどね。ええ、確かな情報ではありませんが。



■ ついに判明、コリン星の実態
前前から言っておりましたが、会社の同僚(と呼ぶには年齢差が激しいのですが)にコリン星出身と思しき女性がいらっしゃったんですね。それが今回のプロジェクトを境に異動する事になってたんですよ。だからね、オレともう一人の同僚で尾思い切って打ち上げの酒の席で聞いてきましたよ。

「故郷のコリン星はどんなところですか(゚∀゚)?」

うん、そしたらね。すごいの。否、すっごいの。

川には人々の死体が浮いていてその川縁では女達が洗濯をしている。死体にはカラスが群がり川のそばを歩くだけで腐敗臭と蝿に悩まされるのが日常。人々は声もあげずに日々を淡々と過ごす。

川には人々の死体が浮いていてその川縁では女達が洗濯をしている。

川には人々の死体が浮いていて


( ゚Д゚)・・・。

なんかね、感動した。本人きわめてまじめに話すのさ。俺達は「コリン星」って言ったのよ? んで聞こえてるはずなんよ? それでどうやったらこの話が出てくるのかが理解できない。いや、理解したくない(⊃Д`゚)・゚・。 っていうかこの話はその人の本当の故郷の話なんでしょうか、それとも俺達を楽しませるために天然の彼女が想像力を膨らまして作ってくれた御伽噺なのでしょうか・・・。

とりあえず「ポキール星」への移住を勧めておきました。



■ デブキャラは二人いらない
んでまぁオレの座った席はコリン星とシャバ憎と同期の同僚と新人のちと太った人だったんですが放っておいたら会話がつづかねぇのなんのって。だからオレと同期ががんばって盛り上げるわけですよ。でもやっぱ続かないわけで。

だからとりあえず太った新人はギャグのワカる奴だから困ったら彼をイジる戦法でがんばりました。

会話が徐々に詰まる。
   ↓
新人の前に肉皿を運ぶ
   ↓
奉納の儀式を行う。

なんですが、前述の「コリン星」が不可解なことを言い出しまして。

(゚∀゚)カロリー足りないと手が震えてくるんです

(;´Д`)なんの病気だよソレ・・・。

ですから食べる食べる。ひたすらしゃべるか食うかのどっちかな事をなぜか後半戦で仕掛けてきやがりまして。それまで俺達が会話の中で育ててきたデブキャラがもう存在意義を失って霞んで来てるワケですよ。彼も別にそんなに食うキャラじゃないのに空気を読んで敢えてデブキャラを演じてくれていたというのに・・・。

なんかこう、しかもみんな「カロリー足りないと手が震える病」だと勘違いしてるのかひたすら人の取り皿に盛り分けるんですよ、主に肉を。んでインド料理屋だったんですがなんか白かったり黒かったりするヤクい辛さのタレをふんだんにかけるわけです。

自分は使わないくせに。

なんだろ、疲れた。



■ セクハラし放題!?
セクハラつっても言葉のセクハラなんですけどね。要するにそのコリン星はそういった話に疎いわけですよ。だから言い放題。さっき言った「なにやらヤクい辛さの白いソース」なんかを肉にかけてるときにオレとか同僚とかが「白いのをかけるのが好きなんですね」って精一杯の反逆を企てるも「ええ、そうなんです。(ニコッ)」とサワヤカに返される始末。

さらにがんばって「白いのかけられるのは好きなんですか?」ってもう犯罪ギリギリ、アウトかセーフかって言ったらギリギリアウトな発言も全然効果なし。別にセクハラしたくて言ってたわけじゃないんですけどなんかこう、悟ったね。

女性はセクハラ発言受けたら笑っていいとものお客さんのように「そーですね」と無機質に言ってればそのうち被害がなくなるよ。だって言ってるほうがつまらなくなるから。



■ オサレなバーでオサレな会話
んでまぁ一次会も終わり、俺らは旧知のメンバーだけでロックバーに行った訳ですよ。そらもうオサレなバーで木の床板を踏む「ゴッゴッ」って音がまたロック&ロール。もう店員さんなんか絶対に通常の仕事はできないよね? って髪型で言葉使いもデニーズだったら半殺しくらいのロック&ロール。

そんなオサレなバーに行ったワケですけど先ほどまでの不完全燃焼がたたってか会話も最高にオサレ。

AV女優「桃井望」殺害の真相とか最近流行りのAVジャンルとか全身ラバースーツの魅力とか大人のおもちゃ事情とか。

もうスコッチだのバーボンだのオンリーで「おいおい、俺達あまりいいい客じゃないんじゃないか?」って心配してしまうくらいつまみも頼まずに延々と大声でAV談義。もう親の敵のように。はい、最低ですね。でも酒とタバコと女がロック&ロールですから、大儀は果たしたような気がします。



■ 耐久カラオケ
とかなんとか言いつつも徐々にメンバーが減りつつ最終ラウンドの耐久カラオケですよ。なんだけどもうグダグダ。一人は完全に最初から最後まで寝てるしオレもついにはオチてしまった・・・。どんな歌を歌ったかとか一切覚えてないしね!! 結局ゲロまがいのつばをペッペしながらチャリで朝焼けの中を帰りました。



はい、いかがだったでしょうか、「オレの花金ダイジェスト」。総括をするとですね。

財布から万札が二枚消えてました。

。・゚・(ノД`)・゚・。

テーマ:夏休み日記 - ジャンル:日記

【2005/08/13 21:27】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<闇フォンデュ | ホーム | さよなら平穏な日々>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/318-5c0dafa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。