FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MP5フレーム交換+防音
■ やっぱMP5は強度が最大の敵か ■

皆さん覚えていないでしょうが以前「サバゲ前に悲しい出来事があったのですが」と振っておいてその後書いてなかった事件があるのです。

10/29日の朝に時間は戻ります。

その日は飛び入り参加が三組で総勢23名という初期の我がS.M.U.o.W部を思い起こすような大人数の楽しみなサバゲでした。朝6時に起きて朝飯をサクっと取り、早速出撃の準備です。居間に愛銃とバッグを先に移動し、俺は着替えを取りに部屋に戻りました。そのとき、悲劇は起きたのです。

キャァァァァ!!

ぬぬっ、絹を引き裂くような悲鳴!! 何が起きた!?

ダッシュで声のする居間に向かう俺。そこには信じられない光景が・・・!!

銃が真っ二つ。

いや、比喩じゃなくて。

ちょうど首のあたりからボッキリ。正確にはクビが真下向いてるの。南下のネジでとれたりはしてないんだけどネジ一本でつながってる感じでプランプラン。もうね、信じられないとかの次元じゃないよ。足下がフラっとした。

すんごい楽しみにしていたサバゲ。23人5団体も集まるサバゲ。そのすべてをまとめる俺。

そんな朝にですよ、一本しかない俺のエアガンが頭を垂れてるわけですよ。だって変じゃない、幹事の俺がさっそうと登場。迷彩服に着替えるもゲーム不参加ですよ。もしくは誰かに「余ってるの貸して」ってなんじゃそりゃ。もう絶望でしたね。

その時、犯人とも言える母親がスゲェ事を。

「えい」

なんとそのまま元に押し曲げやがりました。無造作に。もう内部とかどうなってるかわからないから俺は触れなかったのにちょっと高いところの食器を取るような気軽さでなおしましたよ、この人。

でもなんかこの思い切った行動が幸を制したようでまっすぐにした上で上部の鉄フレームでネジ打ちして固定。弾がでることが確認できたのでそのまま戦場へ。しかし気が気じゃないですよ。ああ見えて電動ガンってのはすっごくシビアで湿気や気温でも弾道や飛距離が狂うんです。あんな一度ダンプにひかれて奇跡の生還したような状態でまともに弾がでるとは考えにくい。少なからず障害は残るはず。

うわぁ、まっすぐだ(*´д`)

全然問題なかった。




--回想終わり--

というわけでそれから二回もそのままで使用してるんですがさすがにどっかでフレーム交換はしなきゃいけないなと思ってまして、ついに新品のフレームが届いて交換することにしました。

バラバラ殺人まずは分解です。バラバラにします。なにせフレームですから、メカボ手前までの分解です。何回コイツ分解してるんだろ・・・。そろそろねじ山もイカれて来てたので今回の交換はちょうどいいかもしれませんね。慣れたモンで手早く分解。みんな、2丁目の銃を買うときに前と同じモデルの銃を買いたがるんですがコレが原因ですよね。銃によって構造が違うから買い換えるとまた分解して覚えなきゃならない。だから愛着もあるし構造も熟知してるから楽なんだよね。

とまぁ分解してアッパーフレーム交換なんですがよく見ると今回の原因の折れてる部分以外にも結構細かいひび割れやゆがみがいっぱいありました。ネジ山もそうだし結構がんばってたんだな・・・ありがとうな・・・。

とはいえもしもの時のために壊れたパーツごと取り替え用ストックに梱包してしまいました。んで今度は組み立てなんですがせっかくここまで分解したのにそのまま戻す手はねぇよな。ちょっとばかりささやかな手を入れましょう。

元MP5だったガラクタ山でゆくゆくはMP5になる夢の島知っての通りゆくゆくはサイレントカスタムに仕上げたいこの銃。ならばちょっとでも静かにしようじゃないの。ということで昼間東急ハンズで一時間悩んで店員に聞きまくって買ってきた高圧縮の消音材。コレの出番です。これでメカボックスを取り囲んで組み立てます。消音材っても板状の綿みたいなヤツですがこれがスゲェ。携帯電話を包んで鳴らしたらすっごい静か。消音材であって消震材ではないのが玉に瑕ですが消震材はすっごく厚みがでちゃうのでどうにも入らなそう。「消音/消震」ってのもあったんだけどね。

んで今度は組み立てです。以前の改造の残りで内部に残されたままのいらなくなった配線ケーブルを外し、消音材を詰めてフレームを閉めました。いつも思うんだけど閉めてから発見する中に入れなきゃいけないパーツ大過ぎ。今回三回ほどしめたのにあけた・・・orz

んでグリップ内のモーターの周りにはこれもハンズで買ってきた今度は「消震材」を貼り付け。小さいパッチみたいな粘着ゴムでモータはこれにしてみることにした。250円とやすいしね。結構無理矢理だけど何とか押し込んで完成。


試射してみましたがワカンネ(´~`)「

でも撃ってる側には音が聞こえるのが当然で要は撃たれてる側が特定できなければいいわけで。多少は静かになった感じはするのでよしとしましょう。まぁ分解の度に消音材の配置を換えてみますけどね。

次はシム調整にチャレンジしてみます。やっぱ打撃音が一番大きいみたいなんで。
【2005/12/11 11:25】 | サバゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2006年カレンダー | ホーム | サバゲ忘年会?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/447-c8925730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。