FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマス?
■ めりーくりとりす ■

はい、最低のギャグですね。もう小学生しか言わないようなこと言って始めてみました。

変態ですがなにか?

こういった日々の事をダラダラだれに見せるわけでもなく書いているサイトにありがちなのは「彼女居ないからこんな風に過ごしてみました、てへ★」みたいなクリスマス日記ですよね。でも残念ながら今現在俺は彼女が居るわけで。

寂しい日記書けないのよね(゚∀゚)

ごめんね、ホント。




とまぁそんな性ある夜の日記を書いても仕方ないのでクリスマスの思い出話でも。

サンタクロースって居ますよね。あ、いや、実在するか否かの話ではなく。もちろん実在しますけどね!! お子様が見ても安心なブログを心がけておりますので(゚∀゚) んでサンタクロースなんですが我が家では早い段階で起きたらプレゼントがっ!!的な催しは行われませんでした。なんか物心着く前は確かに朝起きるとサプライズな事が行われていたんですけどサンタ神話中期になるとこんな事を言われていたような気がします。

「サンタクロースにお金渡されて頼まれた。一緒におもちゃ屋さんに行こう」

いま思うとなんなんでしょう。なんつーか、うまいいいわけのようななんか根本的に駄目なような。サンタさんの存在を否定しているわけでは無いのですがなんか親にお金渡して買っておいてというサンタは若干イヤな感じがします。でもサンタさんにお金を渡してもらってるわけですから上限ははっきりしていて親としては助かるでしょう。なにせ予算が少なくても「サンタさんも今年はつらいんじゃない?」と言えば万事OK。自分の懐具合は探られないわけですから。

そんなんで最終的には現金をモロンと渡される感じに成ったんですがウチのサンタ神話はこうでした。

世の中の親御さんはドラマみたいにサンタの恰好したりとか子供が寝静まるのを待ってこっそり枕元に置いたりとかって本当にしてるんですかね? でもそれではつまらないのでなにかサンタさんの存在を否定しない方法でなんとかうまく渡す方法は無いでしょうか。

なんでこんな事を考えなくては成らないかと言いますとクリスマスプレゼントの最大の悩みはやっぱ「子供が何を欲しているか」だと思うんですよ。そりゃ親が自分の好みで決めちゃえば巨乳のねーちゃんとかプラダの財布とか買っとけばいい話ですがそんなワケにも行きません。

コレジャナイロボかといってがんばって子供心理を探っても失敗すれば左記のような「コレジャナイ!!」と言われてしまうのが関の山。はやりの物を買ったとしても子供心は千差万別、なんとか本人から聞き出さないと的確な物にはヒットしません。

そこをおもちゃ屋に一緒に行けば解決なんですよ。そこで、サンタを否定するのではなく子供とおもちゃ屋でプレゼントを選ばせるという事が可能かどうかを考えてみます。

■ その一:前もって選ばせる
これは非常に有効です。何日か前におもちゃ屋に自然と連れて行き、そこで「サンタさんに何を頼むつもりなのか」を教えてもらうのです。これならば的確に子供の欲しい物のリサーチが可能です。

しかしこの完全無欠と思われる策にも落とし穴はあります。当日昼間に連れて行けばいいのですが当日が無理な場合。それが最悪前の週の週末とかだと本番までに子供の心が変わってしまうかもしれないのです。いや、当日の昼間に下見だとしてもそれは夜にはリアルタイムな情報では無くなってしまいます。

なによりなんか普通すぎて納得できません。俺が。


■ その二:店の店員がサンタの店を選ぶ
これならば「サンタさんは忙しいから直接こっちからもらいに行こう」と言えば事足ります。しかも店に行けばそこにはサンタさんが居るわけですから子供も大喜び。設定的にはサンタさんがこれから配ろうとおもちゃを集めた本拠地にこちらから赴いて選ぶ感じ。

しかしこの案にはいくつかの欠点があります。まず普段よく行くお店は意味がないこと。"サンタの拠点"的なニュアンスが欲しいのに普段よく行くおもちゃ屋で且つ、店の親父の顔も割れてると一切意味がありません。逆に言えば「あそこの主人はサンタさんだったんだ!!」と間違えた感動を与えられるかもしれませんがそんなウソ情報を子供に教え込むのはよくありませんし何よりなんか腑に落ちない

更に買うところを見られては意味がありません。あくまで"受け取りに行く"んですから。更に言えば金額設定が不可能です。サンタの拠点にある物だからその中のどれをもらってもいいと思うのが子供の解釈であり客観的希望です。たとえ「これは~~ちゃんに届くはずの物だから駄目だよ」的ないいわけをしても駄々こねられたら対応が聞きません。だったらどれが俺宛の候補なのさ?などとつっこまれたら泥沼です。

この方法を使う条件としてはまず普段行かないおもちゃ屋であること。主人が24日にはサンタの恰好をしていること。特定のエリアに子供を連れて行けばレジ処理が見られない程度の広さがあること。そして店員のアドリブが効くこと。これらをクリアしなくてはいけません。


■ その三:サンタとおもちゃ屋に行く
これは上記のその二の手段の発展系です。なんとサンタと一緒におもちゃ屋に行けば完璧、先ほどの手段で欠点だった箇所はすべてクリアです。

まず普段よく行くおもちゃ屋でもサンタさんが同行するのですから問題なし。そして店員がサンタの恰好をしていなくても大丈夫。むしろ店員が下手に気を利かせてサンタの恰好をしちゃってる方がこの場合タチが悪いです。逆にそんなこと思想にない店を選びましょう。そしてレジ処理を見られても、「サンタさんだって子供のために身銭を払ってるんだ」と教え込ませれば世知辛い世の中の常識も教え込めて一石二鳥。

しかしやはり100%な物など存在しないワケで。

まずサンタさんの調達から始め泣ければ成りません。条件は子供に面が割れていない24日に暇な男。なんかもう条件をそろえる人間が居ても頼むのが忍ばれる感じですね。子供に面が割れていないというだけで都合よく使おうとしている感じでイヤだ。普段家に招いていないわけですからね。

ただしこの問題は知り合いの同じく子供を持つお父さんと協力すれば解決するでしょう。時間をずらして交代制で行えば完璧。利害が一致するので利用するという罪悪感は感じずに済みます。

ただしお店ではサンタさんとして振る舞うのですから注意が必要です。クリスマス当日におもちゃ屋でおもちゃを選ぶサンタなんぞ見られたら周りのガキはきっと騒ぐでしょう。もう上へ下への大騒動。お店に迷惑かもしれません。




さていろいろ考えてきたんですがなんかこういまいちしっくり来ない。そう思うとウチの親は賢かったな。そろえたい前提条件は限りなく少なく、且つ要望はすべてかなえている。やっぱ買う物に困ったクリスマスはそうするのが一番かと。子供に「サンタが忙しいから来れないんだって。俺は実は知り合いで協力することにした。」とかなんとか言えば「自分所にはサンタが来ない」とか思わせる暇もなく「すげー、親父がサンタと知り合いだ!!」とすり替える行為でカバー。

まぁね。

子供はこれでいいんだけどさ。



彼女に何買っていいかわからない(⊃д`゚)゚。

だってサンタさんもクソも無いじゃない。変な策練れば「クリスマスにくれるのかな?」とか勘ぐられるし。サプライズで感動的なことをやろうにも難しいよね。もうどうしたらいいか。

とかなんとか思案してたら結局、お互い私情で経済的に余裕があまりなくて俺が大塚愛のDVD付きをあげたら向こうから大塚愛の絵本付きが返ってくるというなんともなぁな状態でした(;´д`)

いや、うれしいけどな。

来年こそはコレジャナイと言われる覚悟でなんか考えよう。
【2005/12/24 22:41】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風邪を召しませ | ホーム | ハイカラ母さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/459-5876d917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。