FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サバゲ日記:0600305
■ 初めて定例に参加してきたよ ■

国士無双のリーダー今回は初の定例に参加してきました。千葉SPLASHの定例ゲームです。今までは貸切ゲームしかしてこなかったので不特定多数の知らない人とゲームするのはかなりドキドキでした。もうね、一時間も前に現地到着で様子見ですよ。

今回は普段から交流のある国士無双さん(難しい方の"国"が変換できなかった)とAFCさんと連合軍で挑んだ形ですが大変よかった。今後もバンバン参加の方向で行きたいものですな!!



まず決めなくてはいけないのは連合軍のチーム名。というのも、全員で同じチームですって言わないと定例だからチームを分けられちゃうんですよ。同じチームだと同じ方に編成してくれるんで全員同じチームという設定に。

そこで紆余曲折を経て考えられたわれわれのチーム名!!

「変な棒出し入れ連合軍」

オウイェア。最高。まさに俺らの生き様にふさわしいナイスでイカしたネーミングセンス。国士無双のグレーさんが考えてくれました。オレがこのブログで散々「変な棒出し入れ」を多用してたのをAFCのやたろうさんが気に入ってくれたらしくそれを使ったチーム名をグレーさんが考えてくれました。

んでまぁ現地ではそう名乗る予定だったんですけどね・・・。

(#゚Д゚)そんな空気じゃねぇっつーの

なんかイカツい人ばっかりがイカツい装備を準備してるし、車を降りて最初に「おはようございあーす」って挨拶したら全員無視ですよ。なしのつぶてですよ。ああ、ここは戦場だったっけなって思い起こさせてくれましたよ。

そんな殺伐とした空気でそんな馬鹿なこと言えるわけが無い。おとなしく定例参加経験豊富な国士無双さんをAFCさんと一緒に待ってました。もうこの時点で不安がいっぱい。常連さんたちは顔見知りらしく仲良く話してるんだけど常連じゃない俺達はぜんぜん輪に入れないの。

こういうのよくないよね、ホントに(⊃д`゚)゚。

んでまぁ国士無双さんもそろって同じチームで組んでもらっていざ戦闘です。ここのルールは一日チーム変えは無しで20分1ゲームを陣地換えで2回やるのを1セットとして行うそうです。んで1セットごとに10分~15分の休憩を行う形でした。

思ったのは、50人くらいいたと思うんですが回転が驚くほど速い。みんなスタッフの指示にはよく従うし準備も早いからサクサク進むの。ホントに一日フルで走り回った感があって体的にはすっごい心地よいぐったり感。

明日休みならばな!!

そうなんですよ、貸切はいつも土曜なんですが今日の定例は日曜日。家に帰れば翌日は仕事なんです。それさえなければ本当に気分的にも楽だったんですけどね。まぁ実際は銃弾が頭を掠めたらくだらない政治の話なんて吹っ飛んじまうんですが。




しかし定例に出るとうまい人のプレイを見るのが大変勉強になりますね。すごいんですもの。オレとウチのチームの仲間とうまい人と三人で進軍中も、接敵するたびにそのうまい人が裁いてくれて俺とかは何にもすることなく敵陣近くまで行けちゃうの。もう見事としか言いようが無い。

でもその人がやられたとたんに俺らは右往左往するしかなくなるわけだが・・・orz

割合的にスナイパーが多くてすっごく大変。まともに機能してるスナイパーがいるだけでこうも進軍が妨げられるのかってイヤというほど痛感させられた。バリケードからちょっとのぞくだけで目を射抜かれるんですよ? もう尋常じゃない。

だからぜんぜん俺らは俺らのプレイをさせてもらえなかった。俺らで陣地防衛をさせてもらったときはホント恐怖したね。全方位から敵が集まってくるの。味方の攻撃隊はすべて抜かれたらしく、どっちを見ても敵がいるのさ。仲間と「10時に1人!! 13時に2人!!」なんて叫びながら防衛してるんだけど仲間からの通信がどんどん途絶えるの。1人、2人と崩されて崩された一角がまた敵に埋め尽くされて・・・。

茂みからのぞく敵がどんどん増えていくのは本当に恐怖だった。

そんな状況だったんだけど最後の最後にチャンスが回ってきたわけですよ。終了5分前にどうやら味方優勢。しかし残ってるのは俺ら10人とあとわずか。敵も少ないのだが味方も少ない。残り時間も少ない。



そこで俺達は味方スナイパーが立てこもって防衛してる拠点「サイゴン」に無線連絡で終結、最後の特攻を行うことにした!! スナイパーが立てこもってる建物に次々集まる仲間達。そして集まりきったのを確認して作戦会議。ただ全体的に堪える戦闘だった一日で俺ら早漏組はもはや限界、走破による突撃しかもう頭に無かった。

敵は山の中腹にわずか。下の通路はクリア。通路には中腹からの撃ち降ろしを防いでくれる小山がひとつだけ。作戦名はその小山にちなんで「もっこり作戦」と名づけられた。終了三分前の放送を皮切りにオレと国士無双さんの同じく早漏なブラック隊員は、国士無双さんリーダーの援護射撃の合図とともに建物を飛び出した!!

味方の援護射撃は中腹の防衛部隊を見事に沈黙させてくれたので俺達はもっこり山で立ち止まる必要が無くなった。そのままブラックさんととまらず突っ込み、後ろの味方にも「GO!! GO!! GO!!」と叫びながら敵陣まで一気に走った。

途中、陣地付近で防衛していた敵を一人やったのは覚えてるが気づいたらゲーム終了のホイッスルが鳴っていた。どうやら味方が勝ったらしい。見事フラグをゲットしたのだ!! 途中、ものすごい速さで抜けていった国士無双リーダーかもしれない。オレは横にいたブラック隊員と勝利を喜び合った!! 味方の被害はゼロ、敵防衛陣はあわせて三人殺した。完璧な勝利である。

もう最高にうれしかったね、マジで楽しかった。作戦がカッチリ状況にはまった。おそらく終了何秒前だったと思う。決行のタイミングも完璧だったと思う。なにより普段一緒に戦っているチームとの連携が楽しかった。



んでフラグを誰がゲットしたのかブラックさんと見に行ったよ。

したらさ。

さっき建物に立てこもってたスナイパーさん(知らない人)。

工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

いや、味方の勝利には変わらないんだけどさ、さっきまであんた拠点で防衛してたじゃない・・・。俺らの作戦会議加わってなかったじゃない・・・。というかなんでアタッカーの俺達を後ろから抜かしてスナイパーが最前線にいるわけ・・・orz

何はともあれスナイパーさんとも勝利を分かち合い、その日の最後のゲームは終了したのでした。




総括するとすごくいい日でした。すごい腕の立つ人の技も色々見せてもらったしウチラとAFCさんは国士無双さんの下に編成して動いたんだけど国士無双さんリーダーの指揮がすばらしかった。

決して積極的ではないのだけど味方を死なせまいとする作戦には頭が下がる。普段オレもリーダーなのにまともに戦場指揮をできていたのかちょっと考えさせられてしまった・・・。しかし味方が急いてきたら「各自独自の判断で強襲、敵を撃破せよ」とか無線で言われるのよ。もう人使いがうまいんだからっ★

あと最初とっつきづらかった他の知らない人たちとも、戦線で会えばお互いの状況と情報を交換し合って時には組んで、いいコミュニケーションが取れてたと思う。やっぱ趣味があう仲間に境界は無いね!!










とか思ってたんだけどさ・・・。

ここから先はいやな話だから見なくてもいいよ・・・(゚∀゚)



なんか最後のゲームで味方の死人がこんなことを話していたらしい。

「あいつらがもっと早く戦線に駆けつけてればもっと早くにカタがついたんだ。無線とかハンドシグナルにこだわりやがって。ブラックホークダウンごっこがしたいならよそでやれよ(ワラ」

ハァ(゚Д゚ )?

防衛を省みず突っ込んだのはどなたですか?

後先考えずに突っ走るだけならサルでもできるんじゃないですか?

全員で突っ込む作戦ならなぜ事前に通達しないのですか?



まぁなんにせよ。

勝てば官軍(´∀`)

生き残ってチームに勝利をもたらせたのは俺達だけどね~。っていうか死んだクセに味方に文句言ってんじゃねぇよ。言うなら陰口じゃなく直接言えっての、チキン野郎が。そんなんだから貴様は戦場で生き残れないのじゃ m9(^Д^)

定例ならではの陰口なんぞもいただいちゃいまして、そういった意味でも大変有意義でした。不特定多数が集まるからこそこういう状況も覚悟しなきゃならないんだよね。予想はしてたから別にかまわんのだが。

言ったのがだれだったのか確認できませんでしたが戦闘中にコンタクトした味方は皆さん非常にいい人でした。ほんとそういうのは一部の人間なんだろうけど、後から言われて気分が悪くなるようなことを他人に聞こえるような声で言うようなクソはきっと早めに死んでたから接触しなかったのかな(゚∀゚)




というワケで大変有意義な一日でした。

AFCさん、国士無双さん、また一緒に遊んでくださいね(´∀`)
【2006/03/05 10:57】 | サバゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<戦いの後に | ホーム | なんかもうがっかり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/530-79787733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。