FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Mauser Kar98k
■ ガンスミス気取り ■

長い間サバゲなんぞを生業にしてますと、だんだんと銃の機構そのものに知識が増えていくものです。実銃の仕組みもそうですし、エアガンの仕組みにも。もっぱらいじるのはエアガンですが簡単な故障なら自分で治せるようになっちゃうもんなんですね。

Mauser Kar98k先日、会社の先輩から1挺のライフルを預かりました。「Mauser Kar98k」という銃です。木製ストックも美しい、東側狙撃銃ですな。先輩が購入してからずいぶんと長い間箪笥の肥やしになってたんですがこのたびその先輩がサバゲデビューすることになりまして。なので「Mauser Kar98k」を引っ張り出したんですよ。

この「Mauser Kar98k」はマルシン工業のエアガンで珍しく薬莢を実際に使って弾を撃つ形式です。勿論ボルトを引けば排莢されます。まぁ実際にサバゲではそんな銃は使えないんですが当人も使う気ではなくいじって遊ぶために引っ張り出したみたいなんですけどね。

ところが自慢の排莢システムがうまく動かない。というかオレの見てる前で壊れたんですが突然排莢されなくなっちゃったんですよ。ボルトを引いても薬莢は飛び出ず、チャンバー内に残っちゃってる。コレじゃイチイチ取り出すのにドライバーで引っ張らなきゃいけないってんでオレの出番ですよ。





どうやらチャンバー内から薬莢を引っ張り出すボルト側のツメが欠損してるようでした。なのでまずはマルシンに問い合わせ。するとこの部品は一回限りならば無償で送ってくれるとの事。なかなかいい対応ですな。

(´З`)要するに元々壊れやすいんでしょうが。

ということで今日、ツメが届いたので修理開始です。



はずしたボルトしかしいかんせん見慣れない構造の銃ですから、まずボルトをはずすのに一苦労。意味もわからず稼動する部品が多いのでどれをどうすればボルトをはずすのに役立つのかさっぱり。ボルトカバーの脇にマイナスドライバーのネジがあり、回すとあっけなく取れましたけどね。ただそのパーツ自体にはロックするような機構が着いてないからなんでこのパーツをはずしたらロック解除されたのかがわからん。まぁいいか。

20050602-5.jpgんで次はボルトの分解ですよ。ここがもう本当にワケがわからなかった。なんかネジみたいなの見えるんですがどうやらイモネジいたいなんですよ。でも全然回らない。違うところにマイナスネジを発見。でも全然回らない。なんだこりゃ。

ラチが空かなくて弄繰り回すんですがうんともすんとも言わないんですよ。しかしどうみてもこのボルト、分解可能な形状じゃないんですよね。鉄製の筒をその回らないイモネジで固定してる感じ。説明書がないから確かじゃないけどかなり力を入れても回らないイモネジがロックしてるとなるとコレはもう癒着しちゃってるのかもわからんね。

と思ってツメ付近を見たら、どうやらツメだけハズレそう。といってもへんな杭が見えるだけ。一か八かで杭をハンマーで押し出したらスコンって杭が抜けてツメが取れた(*´д`*)

どうやらメンテナンス性は悪くないようですな。ボルト分解必要ないね。

上が新品、下が現行取れたツメと送ってきた新しいツメを比較してみると確かに欠損してる。というか欠損しているのは肉眼で確認してた訳だが。

しかしこれ、ボルト内にエアータンクがあるからボルトの差し戻しはすっごい硬いのね。だから思いっきり勢いつけて差し戻しするんだけどまたいつか欠損するだろうね。まぁ今回治ればいいか。次からはパーツ優良だけどね(´З`)


という訳でサクっとツメを取り替えて下に戻す。なかなか単純だった。というかもはやこの程度は修理って言わないね、ごめんね。でもなんかガンスミス気取って見たかったんだよ。許してくれよ。

そんなこんなで治りました!!


動作快調、これがボルトアクションだ!!


かっちょい~(*´д`*)

治りませんでしたって言って手元に残したいよね、このクオリティ。
【2006/06/02 23:25】 | サバゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダウンヒルデビュー | ホーム | 2ch掲載型ブログ炎上>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/594-d6fffb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。