FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
悲しき別れを超えて
■ ドナドナ・・・? ■

>> 借金返済のため、最愛の自作ロボットを売ることになった男性

ということで悲しいお話です。中国で火災による借金を抱えたロボット博士が愛するロボットを生活のために売却しているそうです。いくらロボットとはいえ氏のコメントを見ると悲しみを禁じえません。

「”あの子”が売れていなくなってから数日、私は眠ることができませんでした。ですが借金を返済するためです……仕方のない事です」



ロボットができることが増え、成長していく様を間近で見ているとどうしても愛着は涌いてしまうんですよね。我が子の様に手を掛けて育てた大事なロボが火災による災難で負った借金のカタに売られていくんですから・・・。

哀ロボット最愛のロボットが。







( ゚д゚)・・・。

あれ?

おかしいなぁ。

この顔どっかで見たような・・・。





ああ!!

愛ロボットこの人だ。

国籍も同じだしあの人の親戚かなんかなのかな。バージョンアップモデルであるとも考えられるしあの人にあこがれて作られた可能性もあるし。

なによりパ×リ大国の中国だからちっとも違和感ないや。



にしてもですよ。

面白いのは文化の違いですよね。日本が作ったロボはアニメに出てくるような顔の部分がガラスというかガンタンクみたいな、人間の顔を模写するというよりはアニメ調な感じだというのに中国がロボを作るとみんな下手に人間の顔を模写した形になるのな。

最初のうちは悲しいニュースだったんだけどこの表情見るとちょっと・・・ね。





40万円前後ですでに売れてるらしいですが。

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

【2006/07/10 14:35】 | ニュース拾い食い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヒゲと毛抜きとワタシ | ホーム | インディペンデンスデイ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oos.blog3.fc2.com/tb.php/612-47e8896d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。